2010年09月08日

30歳からできたラクラク英語マスター法 網野智世子 効果


詳細はこちらをクリック


日常英会話なら30日で話せます!


もし、あなたが英語学習で苦労しているのなら、次のような事をしていませんか?


■ 英単語や文法を必死に覚えようとしている。
■ 英語スクールに真面目に通っている。
■ 聞き流すだけの英会話教材に頼っている。
■ 英字新聞を読み続けている。
■ 海外留学しなければ駄目だと考えている。


これらの中に当てはまるものがあるなら、英語の正しい学習方法を誤解している可能性が高いです。


英語の学習法には、いくつかの典型的な“迷信”があります。パターン化されていますので、これを最初に知っておくと騙されないで済みます。


パターン1:「難しいもの」信仰

英語がペラペラになるには、高度な英単語や文法が必要であると思ってしまう。確かに話す内容のレベルによっては難しい単語が必要になりますが、日常英会話であれば中学校程度の難易度で十分です。


パターン2:「英語スクール」信仰

学校に通わなければ勉強した気にならないというタイプ。もちろん、優れたスクールもありますが、一方で、スクールに通う8割の生徒がほとんど英語力がアップしていないというデータもあるそうです。


パターン3:「ネイティブ」信仰

ネイティブに習わないと英語が上達しないと考えている。確かにネイティブと話す事は大事ですが、英語スクールのネイティブ講師でも、教える事に関して素人の人がたくさんいるのです。物心ついたときには英語が話せていた人に、日本人が英語を学ぶ苦労がわかるでしょうか?


パターン4:「留学」信仰

留学すれば自然に英語が話せるようになると信じている。実際には、留学先で日本人コミュニティなどにどっぷりつかってしまうと、英語は上達しません。留学したのに英語が話せないと格好悪いので、帰国直前の留学生を対象とした英語教材も存在するくらいです。


パターン5:「努力不要」信仰

最近目立つのが、「聞き流すだけで英語が話せるようになる」という教材。つまり、楽して結果が得られるというタイプです。本当にそんな事ができれば楽でよいでのですが・・・。この手の教材だけで英語がペラペラになった人がいるでしょうか?


これらのパターン1〜5は典型的な迷信です。それでは、正しい英語学習法とはどんなものでしょうか?


その答えは、9ヶ国語プロ翻訳者である網野智世子さんのノウハウにあります。


網野さんは30歳になってから本格的に英語を勉強し始め、TOEIC初挑戦で980点を取ってしまいました。その間、半年もかかっていません。


その後、他の外国語も立て続けに勉強し、4年間で英語を含めて9ヶ国語をマスターしてしまったのです。実に、1ヶ国語当たり半年以下でマスターした計算になります。


凄いですね。神業のようですが・・・


実は、外国語を学ぶコツがわかってしまえば、そうでもないようです。


英語をマスターするのに、難しい単語や、ややこしい文法は必要ありません。日常英会話をネイティブと話す程度なら、単語や文法は中学生レベルで十分です。


網野さんによれば、英語を話したり聞いたりする上で重要な事はたった1つしかないといいます。それを知ることで、効果的に英語を修得することができるのです。


1日20分くらいの学習で30日間頑張れば、日常英会話をマスターできます。英語の学習で苦労している方は、網野さんのノウハウを参考にしてくださいね。


詳細はこちらをクリック




網野智世子さんの「TOEIC980点獲得!30歳からできたラクラク英語マスター法!」の口コミ、効果、感想などの情報を公開しています。




“Everyday English Phrases” YOSHI 口コミ


スコットペリーの発音大学DVD レビュー


林式新TOEIC超速スコアアップ法 林姿穂 レビュー


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。